山梨県西桂町
各課について サイトマップ トップページへ
Billingual
English
korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
上小阿仁村の情報
くらし・相談・手続き
農林業・ビジネス
移住・定住・空き家バンク
観る・楽しむ・体験する
サイトの現在位置
トップ上小阿仁村の情報まちづくり地域おこし協力隊 日誌平成27年12月
前のページへ 
2015年12月19日 更新
印刷用ページを開く
平成27年12月
12月4日
 今日、八木沢は初積雪となりました。全県的に寒波の影響で積雪見られたようです。八木沢なら、もう少しド〜ンと・・・・と思うところですが、まあスタートですから良しとしましょう。車も人も歩かないため、雪解けの音が聞こえてくるのが遅い感じがしました。モノトーン・静寂な八木沢は日曜まで。寒波緩めば、この雪はあっという間に空へ帰ります。「雪よ!また帰ってこいよ〜」
12月5日
先月末に、「地域おこし協力隊全国サミットINひょうご」へ行かせていただきました。
6月に大阪茨木を離れ、半年経ちました。
年内に一度里帰りしたいなと思っていたので、日頃の行いが、いい(笑)
私へのはやいクリスマスプレゼント(あっ・・・私、僧侶だった・・・まあいいか!)をいただきました。ありがとうございます。
 秋田空港より、伊丹空港(大阪国際空港)へ。大阪モノレールで南茨木駅へ、そこから阪急京都線で総持寺駅へ・・・・第二の故郷です・・・いや、仙北市、大仙市・・・第三の故郷です(笑)
阪急線のアナウンス、あちこちから聞こえる関西弁・・・・空気感が懐かしい。
 友人宅へ宿泊し、翌日会場の神戸ポートピアホテルへ向かいました。
 ホテルのホール・・・・でかいです。さすが神戸!実は神戸に来るのは関西に6年いた私、初めてだったんです。
人数もすごい!とにかく圧倒されました。
トークセッションでは応援隊の水原さんが八木沢番楽の「曽我兄弟」の衣装で登壇しました。
発言内容に関し、突っ込んで、イジろうかと思いましたが、大人げないと感じ控えました(笑)
四万十ドラマ代表の畦地さんの特別講演も各地域の協力隊の活動報告も参考になる素晴しいものでした。
研修二日目には、朝来市生野での長年の活動、地域おこし協力隊の活動発表を聞かせていただきました。
上小阿仁村に必要なもの、上小阿仁村にあるもの、活かす方法・・・・
何か機会があったら述べていきたいと思います。
12月6日
 昨日は上小阿仁小中学校PTA参観「こあに発表会」へ来賓案内いただいたので行ってきました。
 副村長さん、村議会議員の横に座るのもなんかなあと思い、ストーブの横で「立ちんぼ」していました。
 中学校でのつまらない私の講話を聞いていただいたのでと、今回は御礼のつもりで中学生の発表会へ伺いました。
1年生は「秋田方面宿泊体験学習」
2年生は「青森県方面宿泊体験学習」
3年生は「職場体験」
から学んだことについての発表でした。
各地域の伝統、農業体験、そして職場で感じたことを生徒さんなりにまとめウケも付けて(笑)なかなかいい感じの発表会になったんではないかと思います。
 私の娘も名字が同じであったなら、こういうふうにPTA行ってたろうなあ〜と・・・・(笑)
(三番目が中学二年なのです。)
これも、「上小阿仁村地域おこし協力隊」になれたおかげですね。ありがとうございます。
今回の生徒さんの最後の総括で共通していたのは
「上小阿仁の自然、食用ほおずき、伝統芸能の活用PRをもっと、したほうがいい。」
「コミュニケーションを通じての地域貢献の大事さを学んだ。上小阿仁のために役立たせたい」ということを感じられていました。

 そんな人材を、「上小阿仁村」のこれからとともに、育成していけるのでしょうか?もうすでに始まっています。「上小阿仁村」が創立したときから。今はどうでしょう?では、これからどうしたらいいでしょう?できるできないを決めるより、やってみること
適不適を判断し的確に選択し発展持続を判断すること・・・・
それだけかと思います。

小中学生が
「居て、生れて良かった」
と思える上小阿仁村にするために行動は始まっているのでしょうか?

帰りに「やまぶん」さんでケーキをってきました。
もちろん、一人で、早いクリスマスです(笑)
 八木沢公民館事務所西側基礎及び床、事務所台所の改修工事始まりました。
 いままでどういう状況だったかは、省略いたします。築50年以上、基礎もない状態で増築された、しかも排水溝がないまま湿気がたまるような構造の窓側床下。
 おそらく新築当初から使用されていた台所。おそらく前協力隊も感じていながら、手を加えられなかった部分だったかと思います。 たまたま私の時期になって、色々な症状があらわれたんでしょう。
「これで冬を越すのか?」「いくら新聞紙を使ったらいいんだ?」というような状況でしたが
ここ半年(しか、着任してから経っていませんが(笑))の念願の一つが叶いました。
 関わっていただいた皆様、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。
となりの八木沢最長老の母さんからよく言われてます。
「あどはよめっこみつけねばだめだな!」と。これも、お願いできますか?
・・・・・はい、自分で何とかします(笑)さらに50年かかるかも(笑)ん?へば何歳だ???

12月14日
12月20日
 「かみこあにむら総合型クラブスマイル」で行なわれている水曜日晩月二回の和太鼓、、木曜日晩月四回のラージボール卓球に参加させていただいています。
 真剣に部活動というのはしていませんでしたが、長年触れ合っている唯一のスポーツです。
 実力は少々ラリーができる程度ですが、このクラブに参加したご縁で初めて対外試合というものを経験することができました。
 前回は「すまいる杯」という上小阿仁で行なわれた大会でシングルスのみ、午後から詰まっていた予定もあり、それを言い訳にはしませんが(笑)勝つわけにはいかなかったので、仕方なく一度だけ勝たせていただき、そそくさと途中で引き上げてきました。今回の北秋田鷹巣体育館で行なわれた大会では、ゼッケンを用意して、フル参加させていただきました。
 ラージボールはご年配の方が多く、上小阿仁の皆さん、今回参加された北秋田地域他の皆さん、熱心に、しかも楽しく取り組んでおられます。確かに私は年だけは若い部類になりますが、技術気合とも全く歯が立ちません・・・。練習量も、向かう姿勢も違いすぎですね(笑)しかも試合はラリーと違い、経験がモノを言います。せめて1ポイント、1セットをと(低レベルですいません(笑))臨みました。シングルス、混合ダブルスとも一勝できました。まあ、そんな感じで構いません。負けても私の実力、そんなもんですから。
 混合ダブルスではシングルス三位の方とのペアになり、大変ご迷惑おかけしました。ダブルスは小学校の授業クラブ活動で以来したことなかったので・・・・・。
 いつもなのですが、試合になると「失敗できない」と、ものすごくセコくなります(笑)中途半端ですがコントロールできるので・・・・ただ、あせってそれもミスするので、勝てないんです(笑)「思いっきり打つ、コントロール上達する、スピードサーブ、回転サーブを工夫する」のが課題、あとは経験ですね。「勝つ」というよりもっと納得のいく、楽しくできる卓球をするために。技術が未熟なので勝った時疲れるんです(笑)だからいつも負けているんです・・・あっ、言い訳です(笑)
 和太鼓も、卓球も八木沢へ帰ってくると晩の9時半ごろ・・・・あとは呑んで寝れるように、あったかいご飯とビールが待っている・・・状態だと毎度行くのですが、時々心が折れます(笑)前もって準備も億劫・・・準備すると飲みたくなるし・・・足が重いです。来てから飯支度がめっちゃめんどくさい・・・・でも、和太鼓、卓球どちらも、ふれ合っていきたいと思います。呑みたい自分と戦いながら(笑)
12月24日
 今日は、由利本荘市の旧東由利町、三ツ方森集落を訪問致しました。
 ここの地域は「元気ムラ」が支援して昔ながらの「わらび餅」を復活させた地域です。
 きっかけは八木沢番楽会長の佐藤さんが自分で休耕田にわらびを栽培しており収穫するだけでなく、昔からのわらび餅も「八木沢」「上小阿仁」の魅力の一つのつながればとの想いでいつも話を聞いていた私がネット検索し、また「元気ムラ通信」で敏雄さんが興味を持ち、それをたまたま応援隊の水原さんに話したら「一度訪れたことがある」ということで元気ムラへ連絡を取り実現したものです。同じ窓口で、私が動き、別でも動く、のは変だろうと「じゃあ、あとは水原さんに任せよう!」と思いましたが「一緒にどうですか?」と気を使っていただき、誘いを受け、同行させていただきました。
 1.わらびの根をほる
 2.潰して根を水でよく洗う。
 3.一日置く。
 4.沈殿物(わらびのでんぷん質)をとる。
という作業ですが、なかなか困難な作業のようです。でも集落会長さんが熱意を持って取り組み、昔ながらの「焼畑農業」でわらび山を存続させ、大学生さんたちも参加してくれたりして、取材等々がきっかけで、数々の交流が生まれ、ようやく楽しく、生きがいを持てるような形になってきたとのことでした。
 これからは地区にこだわらず、元気ムラの支援をいただきながら秋田県内での「わらび餅」の伝統がある地域を結集させ、新たな「わらび餅ブランド」を起こしていきたいという御話しを伺いました。
 同様に「八木沢ブランド」を作りたいという佐藤さんの話にも賛同していただき、互いに協力していきましょうという良好な成果を
得ることができました。
最近最終回を迎えたドラマで「〇ブランド、〇プライド、〇品質」という技術者の夢をテーマにしたものが高視聴率ヒットしましたが
まさしく「八木沢ブランド(八木沢生まれ)、八木沢プライド(なにもないから生まれるもの)、八木沢品質(自然の中の確かなものを)」
という上小阿仁では当たり前すぎて見えなくなっていた「八木沢」が、上小阿仁プロジェクトの開催などで注目されるようになった今、始めるのも終わらせるのも
紙一重ではないかと思います。プロジェクトにこだわる必要もないですが、「新たな八木沢」のために佐藤さんは思案しつつ毎日楽しく暮らしています。
それを協力隊の佐藤君はいつも見つめています、聞いています。「自分のためになることは上小阿仁のためにもなる」という妄想・・・いや夢を少し持ちながら。

12月28日
 今年もあと、今日を含め四日となりました。雪不足(スキー場では・・・)な冬ですが、ようやく本格的な冬らしい降雪がやってきました。概況を見ると、県南が大雪のようですね。「豪雪の八木沢」はまだまだ本領発揮されていません。
 昨日は初めて常備のトラクターで除雪しました。アスファルト、コンクリート上でのフォークリフト、ホイルローダーでの経験はありましたが、砂利、土壌上、トラクターでの経験はなかったので、土を、すくわないようにする感覚が難しく、ものすごく時間が、かかりました。
 今日も朝方から積雪があり、トラクターで除雪しました。この画像よりは綺麗に土を出さず除雪するコツを早くもつかみました(笑)
協力隊として7カ月、されど秋田県民として43年、京都府民として1年大阪府民として5年のブランクはあるものの・・・さすが私(笑)
初々しさも、若さも、躍動感も、アイデアも、知識も、図々し??もない??協力隊はこの冬、雪少ないから楽してると言われ、想われながらも・・・
 きっちり八木沢に貢献しますよ!乞うご期待(誰が???(笑))
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務課 企画班
〒018-4494 秋田県北秋田郡上小阿仁村小沢田字向川原118番地
Tel: 0186-77-2221  Fax: 0186-77-2227
E-Mail: こちらから