山梨県西桂町
各課について サイトマップ トップページへ
Billingual
English
korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
上小阿仁村の情報
くらし・相談・手続き
農林業・ビジネス
移住・定住・空き家バンク
観る・楽しむ・体験する
サイトの現在位置
トップ上小阿仁村の情報まちづくり地域おこし協力隊 日誌平成28年1月
前のページへ 
2016年1月9日 更新
印刷用ページを開く
平成28年1月
1月1日
 新年あけましておめでとうございます。
 今年も宜しくお願い致します。

 昨日ようやく誕生日となり、無事に年を取ることができました。
今年は40代最後の年です。年末から少々雪が降り積もり、冬らしくなりましたが、正月中には緩む予報です。
 雪が少ないのは正直、想像していた八木沢ではありません。こういうのもめずらしいとは皆さんおっしゃっておりますが特に昨年から比べれば極端に少ないということでした。
 年末から今日にかけて、大みそかの晩には御客さんがきて年明けは呑んで過ごしました。
 同じお客さんが、公民館にはWiFiあるためスマホでネットしたいため元日、二日といらっしゃいました。
 帰省なさっている方で、行動、話の仕方、考えなど、集落に居る御父さんに似ているなと感じました。
 あとは、除雪がなければヒマな状態でしょうね。この三が日 は・・・・・。
あと、ミョウガの茎が藁(わら)の代わりになるということで、乾かしていたものから葉をとりようやく作品を創ろうかという状態になりました。
候補としては「草鞋(わらじ)」です。
 公民館に無造作に置いていた乾燥したこの茎を見て、番楽会長の佐藤さんが「これ、みょうがだべ。わらじこしゃればいい。こんど、そのうぢ、もってけばいいね」と言われてから約一カ月。ようやく習うことができそうです。
 作成していた「わらび粉」も完成したらしく「なにがこしゃるものさがしてみでけれ。さっとしがねがら、まぜで、よぎゃにでぎるやづも」と頼まれました。
 また三が日明けに訪問し、詳しく聞くつもりです。
「なんたもの、つぐりでどごだおご?」と。
 今回の年末年始は、離婚したばかりの「あのとき」のことを思い出しました。状況はまるで違いますが、今年はどうなるんだろうという不安がないのが今はまだマシかもしれません。

なぜなら、先のことをあまり考えなくなったからですけどね。

でも、八木沢、上小阿仁のことは微力・・・いやほぼ力はゼロですけど考え、見ていきたいなあとは思います。

・・・・やはり、あのときよりは少し前向きかもしれません。
あの時は、僧侶になるかどうか迷っていましたし。

まずは「協力隊」として何かの転機が、また来ているのかもしれません。
良い方に考えておきます。
1月6日
 今日は午後から、八木沢番楽会長の佐藤さん宅で「わら草履」講習会を行ないました。
生徒は私一人でしたが(笑)
 材料は、公民館事務所の前にあったミョウガの茎。敏雄さん宅に行ったときに稲ワラでもない干しかけのものをみて「このミョウガのくぎどご、ほへば、わらみでぇになんでもこしゃれるはあ〜」
と、聞いてから早速収穫し、しばらく干し、それから葉、葉鞘を取り除いたものです。
「まんず、いぐたたがねば、かでぇして、なもかもね」ということで、敏雄さんの作業を見学しました。
 材料不足のため、片方しかできませんでしたがこの方法で、縄でも布でも草履ができるということだったので今度は縄などを使って編んでみようかと考えています。
ネット検索すれば、確かに作り方はあります。でも、こうして「伝えてもらう」のが本来の伝統。こういう「伝えることができる」方々がたくさん上小阿仁村には居らっしゃるかと思います。
「あたりまえ」が「宝」「資源」になります。「新しいもの」を取り入れる、「若者」を定住させるにはこういう「宝」「資源」を「あたりまえ」でなく「魅力」としてもう一度再構築することが大事かなと・・・・素人考えですが思いました。
「いぐただぐ」・・・・大事なことです。
最初の「ただぎがだ」を間違えたり、足りないと扱いずらいものとなりしっかり「ただぐ」とやりやすい状態になる。
「人材育成」「子育て」そのものですね。「ただぐ」といっても・・・もちろん「言葉通り」では、ないですよ(笑)「おしえる」「はぐくむ」ということです。
 私はどちらも、「する方」でも「される方」でも脱落しました。
何度も「ただがれで」(笑)いま、ここに居ます。ただし「扱いやすい」「やりやすい」かは・・・・・?????
八木沢では関係ありません。
「そのまま」が一番のような気がします。
それが「八木沢」の「あたりまえ」、
魅力なのでしょう。
「ワラ」は「ワラ」でいいんです。
「ワラ」は「カシミヤ」「シルク」にはなれませんから。
「ワラ」の良さがあるんですから。
「ワラ」があるから「モミ」「コメ」になるんです。
「モミ」があるからまた「ワラ」が生まれるんです。
土・光・水・・・その恵みを
八木沢で感じることができる気がします。
1月11日
 正月明けの三連休、さあ何しようかなあ〜と思ってはみたものの、先立つもの、一緒に遊びにいってくれる人も(できれば女性が・・・(笑))
 子供もここにはいないので(と自分を納得させて)寒波襲来ということで八木沢の皆さんの除雪サポートしました。
 平日と違い、50代60代の方がいらっしゃる方のサポートは依頼ありの場合のみにして、その他の御宅を巡回サポートしました。三日間通ったお宅もあり、「はやくよせたほうええでば」とプッシュした御宅もありで、なんとなく終了した連休でした。
 八木沢自治会長から「休みだべ?おががんばらねったっていいで」と御声をもらいましたが・・・・・ヒマなんです(笑)
 ならば、手伝って過ごした方が、ごろごろして昼から軽く???)ビール呑んで寝て起きて、晩飯食って呑んで寝るという生活をただ三日間過ごすだけですから・・・・・「ありがとう」と思われることをした方がいいですよね〜。
 公務員だからと言って「休みは休み!」と行動していたら、来年がないような気もしつつ・・・・(笑)
 小屋の雪下ろし、除雪機の補助、公民館周りの除雪で終わった三連休でした。
 代休とれるんですが、冬だと・・・結局除雪してるでしょうなあ〜・・・・・・。
 ストレスも御金も貯まりませんが、貯まるのは代休だけですね〜・・・・
 まあ、それはそれで良しとしましょう!

 公民館裏。トラクター入ったのは初めてかも。

 いつもの冬の半分?三分の一?っていう感じでしょうか。

 ここは段差になっているんですが、トラクター通れるように、雪で均しました。

 あくまでサポートです。機会は任せます。

 高所恐怖症でないので平気です!
1月16日
 本日は、上小阿仁村PR動画の撮影の一環として「八木沢番楽」の「鞍馬」演舞収録が八木沢公民館で行なわれました。
保存会会長から「そんたのやるらしいども、なにやるがさっぱりわがらね」と薄々聞いてはいましたが 前々日の昼に、簡単な車での移動スケジュールを渡されたぐらいで、全く詳細を聞いていない私。
 撮影スタッフの方からカメラアングル等を打ち合わせ的に相談され、無口で恥ずかしがり屋の私は困惑しましたが、そこは「協力隊の佐藤さん」ですから(笑)きっちり対応しました。
 先に、水原さんが入り、私が送迎したほうが良かったのでは???と、この時点で、まず思いました。

 予定より10分ほどおくれ、中学生の皆さん、保存会の皆さんを載せた水原さんバスが到着。
「手鐘は?」「あれがない?どさある?」「幕は???こっちが・・いやあっちが・・・」
「えっ???露払いもやるの、???なんて急な・・・」「笛の音源は???」という感じで、めちゃくちゃ段取りが悪し・・・・・。
 演舞する人は準備に入る・・・・特に何もない私は、足りない衣装が、修繕のため自宅へ持ちかえっていたことを電話確認、自治会長宅へ取りに行ったり、その修繕急がせたり・・・・・。鐘はあれやこれやと探したら、単に袋の奥にあっただけだったり・・・・
こんなことは今、始まったことではないのですが・・・・・・・またか!・・・・でした。
 でも、そこは「協力隊佐藤さん」ですから、言われた通りきっちり対応致しました。

 演舞した中学生は、躍動感ある「露払い」
 水原総一郎は「鞍馬」の弁慶、数年前とはキレが・・・・まだ若いとは言え、まあそれは仕方ない(笑)
 でも、普段なかなかできないほかに、連続2度の演舞はしんどかったでしょう。お疲れさまでした。

 また保存会の皆さん、撮影スタッフの皆さん寒い中、お疲れさまでした。

 撮影スタッフの方々は、国道から慣れない八木沢への道のり、ビビったようです。
 大きなバス事故もあった後でしたし・・・・
 まあ、無事に戻られたことでしょう。

 ここ数日、降雪が続き、正月明けは「一日休み」一日もありません。
 まあ、除雪は好きですからかまいませんが。

 体も慣れてきたし、機械操作も慣れてきました。

 八木沢の冬は始まったばかり。

 貯まるのは、雪と「私の代休」だけです(笑)

 いつ「代休」できるんでしょうか???(笑)

 明後日から二日間「暴風雪」の予報です・・・・・。
1月30日
今日は晴れました。
二回目の、各小屋の雪下ろし。
公民館裏の屋根下の雪寄せ・・・・・などなど。

軽油・ガソリンのポリタンクもカラになったので沖田面GSへ。

融雪剤も「ついでの時に」と自治会長に依頼されていたので役場車庫へ。

半日、休日出勤となりました。

今月は、まともに一日休んだのは一昨日だけです。

天気次第では明日はのんびりだらだら休日になるのですが・・・・・。

雪不足で、集落の人は喜んでします。
去年が、ひどかったらしいので。

「今年の八木沢協力隊は楽だな?」
と、よく言われます。

少なくても、多くても「ほったらかし」にするのは人間性です。
これは善し悪しの問題ではないですが。

「多い雪」が「豪雪」に見えるのは
部屋を片付けられるか、できないか
不要なものを処分できるか、どうか
の差のようなものです。

その年、その年の「八木沢」にあわせて
「そのまま」の八木沢を。
少なかったら、こまめに除雪。
多かったら、あまり貯まらない様に除雪。
晴れたら、その時にできる除雪。
それだけです。

今月も
楽しいこと
嬉しいこと
残念なこと
呆れたこと

他人との
応用力の違い
経験不足の浅はかさ
その有無
感覚の差

などなど・・・・・・・・・・・・・・・・

上小阿仁での経験体験知識不足を
ある程度、今までの「ご縁」でカバーしている私は
いろんなことを感じました。

そんな1月もあと2日です。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務課 企画班
〒018-4494 秋田県北秋田郡上小阿仁村小沢田字向川原118番地
Tel: 0186-77-2221  Fax: 0186-77-2227
E-Mail: こちらから