山梨県西桂町
各課について サイトマップ トップページへ
Billingual
English
korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
上小阿仁村の情報
くらし・相談・手続き
農林業・ビジネス
移住・定住・空き家バンク
観る・楽しむ・体験する
サイトの現在位置
トップ上小阿仁村の情報まちづくり地域おこし協力隊 日誌平成29年3月
前のページへ 
2017年3月2日 更新
印刷用ページを開く
平成29年3月
















3月1


 




 

 

古傷の足首痛もかなり改善されたので

 

昨日、今シーズン初の棚田へ。

 

 

棚田の風景で好きなのは

 

この冬の景色と

 

新緑の時期です。

 

正直、その時期がお勧めですよ。

 

 

 

 

 

 

 


 


 久々の澄んだ青空

 


 

 

夏もいいですけど
 

草を刈るという人間の手が入ります。

 

草ぼうけも・・・それはそれでいいでしょうけど

 

とにかく実際に八木沢に住んだ

 

私の想いです。

 

間違いないです。

 

 

 



 

 



 埋まったアモ。

過去の豪雪のときはすっぽり埋まったそうです。


 



 

 

私がいる限り
 

責任もって、ご案内いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 



 なんか・・・アート的なものを感じました。


 

 
















3月6


 




 

 

 

今日の写真ではないのですが、棚田での撮影です。
 

後ろ、東から日差しがさし、今棚田を向いています。

 

棚田のライン

 

夏には絶対こんなにきれいに出ません。

 

いまが、一番きれいなのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


ようやく昇った朝日です。
 

 


 

 

そして、木陰と木のハーモニー、造形の無いそのままの凹凸感、なんかいいですね。
 

撮影した人(私ですが)が、うまいのではなく

 

八木沢の自然と風景が「そのまま」を素直に見せていてくれるから

 

私でも撮影できるのです。

 

 

 

 



 

 



 

棚田のラインがすばらしい。
 


 



 

 

プロが撮る「八木沢の冬の棚田」見たいものです。
 

上小阿仁の写真集作成と言うのも面白いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 



自然な いびつさ。

 

 


 

 
















3月13


 




 

 

 

先週また、棚田へ行ってきました。
 

ちょうど去年と同じ日に取った動画があり

 

それと比較できるようにと撮影しました。

 

 

去年は、棚田に在る小屋、ほぼ全部

 

出ていたのですが

 

今年は埋まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


去年です
 

 


 

 

私の背丈より数十センチ
 

2メートルぐらいでしょうかね?

 

すっぽりです。

 

角度は違いますが

 

去年の写真と

 

今年の写真です。

 

 

 



 

 



今年です。

 


 



 

カタ雪になって、もういいかと思ってから
 

また降り続き・・・・・。

 

結局、先週末まで、除雪トラクター、稼働しました。

 

もういいかとは思いますが

 

彼岸までは、わかりませんかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 



道路に出てきたタヌキです。

 

 

 


 

 

3月14

 


 
 
 
先週、中茂集落へ巡回した時
 
会長さん宅に、大きな「ばっきゃ」がありました。
 
雪、多けれど春は近付いてきているようですね。
 
では、八木沢では?と探し歩いてみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ開いてませんね。
 
 
 
 
なんせ土が出ているところが限られるので・・・・・・。
 
棚田の農道の水路が数日前から見えていたので、
 
そこにもしかして・・・・と、確認しにいったら
 
 

 
 
雪解けの穴の中に。
 
 

 
ありました。ばっきゃが。
 
八木沢にも、水際から徐々に春が近づいてきているようですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

のってる雪も解け始めています。
 
 
 
 
 

3月17

 


 
 
3月15日 二つの会に参加させていただきました。
 
一つめは午前。「食・農・観 こあに プロジェクト」
 
 
 
地域貢献していくための基礎となることを
模索していきながら、
いずれはNPO法人にしていく方向で活動していき
上小阿仁村をみんなで盛り上げようという組織です。
協力隊としてではなく、村民としての活動になります。
情報発信はじめ、できることを協力していきたいと思っています。
 
もう一つ、午後から
「秋田の里地里山を守り継ぐプロジェクト」
推進フォーラム。
昨年、八木沢集落が「守りたい里地里山50」に選ばれました。
そのご縁あっての参加です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだまだ、しなければいけないこと・・・ありますね。
 
 
 
 
講師の千賀先生は
 
「日本の歌曲の情緒豊かさ、写実的な表現」から
日本国土の農作物生産の優秀さを評価し
棚田の魅力、各地域の問題点、
グローバル化の今、ローカルの大切さ
を重点に御話しくださいました。
移住してきた若者、人たちを
めんどうでも、
ややこしくても、とにかく面倒見ること
それが、次の移住者への移住定住につながる
とおっしゃられました。
 
 
 

 
 
さて、どこから手をつけたらいいか・・・・・
 
 
 

 
後半のパネルディスカッションでは
 
特に里地、里山は農地としては管理しにくく
高齢化、後継者不足が一層深刻な状態という現状。
棚田オーナー制度の活用。
などが御話しされました。
 
 
こういう問題を身近に感じ
地域なりの魅力を発信し、移住者の皆さんに
あたたかい地域を目指すことが
大切なんだなと思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

創意工夫していきたいと思っています。
 
 
 
 
 

3月20

 


 
 
今日は、御彼岸の中日です。
伝統となっている「万灯火」が各集落で行われました。
今年は小沢田集落で
有志で組織された「食・農・観こあにプロジェクト」主催で
「万灯火点火体験」が行なわれ、それと御手伝いをと思って
参加させていただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
点火体験参加者
 
 
 
 
 
他の参加者の皆さんが点火、やる気満々で
私は遠慮しながら脇で見学していました。
予定人数は参加してくれたので良かったかと思います。
そして毎年恒例の
和太鼓保存会「鼓響」の演奏が行なわれました。
 
 

 
 
点火開始
 
 
 
 
 

 
昨年よりも寒かったかもしれませんが
しっかり太鼓を響かせてくれました。お疲れさまでした。
同時に「KAMIKON AGAIN(出逢い)」
が行なわれていたのですが
どうだったでしょうね?
一組でも御縁がいただけてたらいいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「鼓響」ステージ
 
 
 
 
 
 
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務課 企画班
〒018-4494 秋田県北秋田郡上小阿仁村小沢田字向川原118番地
Tel: 0186-77-2221  Fax: 0186-77-2227
E-Mail: こちらから