山梨県西桂町
各課について サイトマップ トップページへ
Billingual
English
korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
上小阿仁村の情報
くらし・相談・手続き
農林業・ビジネス
移住・定住・空き家バンク
観る・楽しむ・体験する
サイトの現在位置
トップ上小阿仁村の情報村長の部屋平成29年度 訓示
 
2017年4月24日 更新
印刷用ページを開く
平成29年度 訓示
 
 平成29年度 訓示 上小阿仁村長 小林悦次
 
 新年度をむかえ、心機一転、村のため、村民のために職員一同、一致団結をして、事業に取り組んでいきたいと思っております。
 スムーズな業務体制となるように、人事異動もありました。
異動された皆さんには、慣れるまでご苦労をかけますが、住民の方々には、くれぐれもご迷惑がかからない様にお願いします。
 人事異動は、個々人が100%満足してくれないものだと思っております。
行政全体の総合的な将来的な面を考慮してのものが優先されていると思いますが、みなさんのステップアップの契機となると信じておりますので、気持ちを新たに日々の職務に励んでいただきたいと思います。
 
皆さんご存知のとおり、全国的に少子高齢化、人口減少が続いており、秋田県が日本一の減少率となっております。
そんな中で、上小阿仁村が秋田県一です。
今年生まれた赤ちゃんが大人になって、結婚して子供を産んでいただいて初めて、人口が増えるのです。
ですから、人口減少は、すぐには止まりません。
 
この対策として、村の総合計画を作成しております。
この計画に基づいて、新年度は、一般会計で約30億円、特別会計を合わせると総額約42億円の予算規模となっております。
総額では、前年度とほぼ変わらないのですが、一般会計では、約6億円の増額となっております。
主なものとしては、集住型宿泊交流施設や社会資本整備総合交付金事業、北秋田市のクリーンリサイクルセンターの建設に伴う負担金、林業専用道の負担金や造林造材事業などのハード事業です。
ソフト事業については、かみこあにプロジェクトや海外研修、保育料の補助、通勤通学の定期券の補助などです。
 特別会計では、杉風荘が社会福祉協議会に移管となり、水道工事等が完成したことで、減額となっております。
 
村の税金は、約2億円で、歳入に占める割合は約6%となっております。
この貴重なお金をできるだけ節約をして、より効果のあるものとするため、自主財源の乏しい村としては、有利な補助事業や交付金事業、起債事業によって、総合計画を着実に執行していかなければなりません。
 国県で策定される新規事業に村が必要とする事業計画を合わせていかなければなりません。
村民の立場で考えて、施策に反映していただきたいと思います。
かみこあにプロジェクト2016
オープニングイベント
 
そのためにも、現場主義を基本に、自分の担当集落について、すみずみまで知っていただき、集落の行事やイベントにおいて、リーダーシップをとって活躍してほしいと思っております。
集落での情報によって、必要とする事業を事前に選択し、新たな事業を準備しておいていただきたい。
皆さんには、役場職員として、そのようなことができる立場にあります。
皆さんが持っている能力をフルに発揮して、職員の認識を一つにしてほしいと思います。
 
 
皆さんは、ほとんどの人は、悲しい時に涙が出ると思います。
もしかすると涙がでるから、悲しいのかもしれません。
そして、おかしいときには、笑うと思います。
笑うから、おかしいのかもしれません。
そういう意味では、笑ってから部屋に入ったら、どうなるのでしょうか。
みんなで、試してみたいと思います。
 
村内に毎日流れるラジオ体操
チャレンジデー2016にて
また、役場には、たくさんの人がきます。
来庁者に気が付いた時、そして、やれる職員は、起立して、あいさつをしてほしいと思っております。
あいさつされた方は、気持ち良くなります。
また、あいさつをした職員も良い気持ち良くなるとともに気分転換にもなります。

いつも職員の健康が第一と思っております。
毎日、3時には、ラジオ体操が全村に流れております。
全職員が率先して体操をして、気分転換し、仕事の効率を良くすることで、村民に喜んでもらいたいと思っております。
 
これら3つについては、慣れるまで、まず、課長が率先してやってください。
課長がいないときは、次に責任のある職員がやってください。
課長がやらないときは、みなさんで課長を催促してください。
 
黙ってなにもしなければ、村がダメになっていくことは、これまでのことでわかっております。
新年度の事業については、健康寿命を延ばし、教育立村を推進して、だれでもが、望む教育が受けられるようにして、公共事業等によって雇用の拡大や若者定住につなげていくものです。
職員の力が、村民の力になると思っております。
職員が一致団結して、今年度の事業に取り組んでいただくことをお願いして、年度初めの訓辞といたします。
 
 
 
 
 
  
本文終わり
ページのトップへ
総務課 総務財政班
〒018-4494 秋田県北秋田郡上小阿仁村小沢田字向川原118
Tel: 0186-77-2221  Fax: 0186-77-2227
E-Mail: こちらから