コンテンツ一覧へジャンプ
秋田県上小阿仁村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
検索
サイトマップ トップページへ
サイトの現在位置
トップ観光観光スポット
観光スポット
食用ほおずき 秋田杉 山野草
観光スポット
p. 1/1
既定
日付 検索
「KAMIKOANIプロジェクト秋田」は、秋田県内で最も高齢化が進む、人口約2,600人の上小阿仁村の最奥地にある7世帯14人が暮らす小さな集落「八木沢集落」を主たる舞台に展開する、アートを中心とした地域活性化プロジェクトです。
 上小阿仁村と秋田県北秋田地域振興局、上小阿仁村商工会、上小阿仁村観光協会、かみこあに観光物産(道の駅かみこあに)で構成する「上小阿仁村食農観丸ごと推進協議会」では、地域おこし協力隊員 河原アさんのイラストで、村の自然や行事等のほか、特産品やお食事処・お土産店を紹介する「かみこあにガイド」を作成しました。
小高い山々に囲まれ小阿仁川に沿って広がるキャンプ場。大自然に包まれた本格的なアウトドアを満喫してください。
漁業期間、遊漁料、禁漁区域について
天然秋田杉(樹齢250年以上)に囲まれた大自然の中に遊歩道、林間広場、休憩施設、炊事施設等が整備されており、あふれる自然の満喫と森林浴に最適です。
山村広場
「山ふじ温泉」は、役場より6q離れた五反沢地区にあり、古くから硫黄臭のある鉱泉を利用し、皮膚病・関節痛等の湯治に利用され、多くの方から親しまれています。
「道の駅かみこあに」は、ドライバーの休憩施設として、また、地域づくりの拠点として、大きな役割を果たしています。
みちの駅かみこあに
上小阿仁村は、村の総面積の92.7%が山林で、昔から林業および木材産業が重要な位置を占め、藩政時代から、「天然秋田杉の里」として広く知られてきました。また、コアニチドリは、大正8年、木下友三郎氏が最初に発見し、牧野富太郎博士によって命名されました。
p. 1/1
既定
日付 検索