メインコンテンツ
サイトの現在位置
2024年6月10日 更新 印刷用ページ印刷用ページを開く
令和6年度 村長日誌抄

令和6年6月



映画「警察日記」



農民作家、伊藤永之介原作による映画「警察日記」が、生涯学習センターで上映されました。



白黒の映画で、農村の貧しい生活をクローズアップしたものでした。



私には、むかし懐かしい場面もたくさんありました。



しかし、目に見えない大きなものに流される農民が、ひたすら耐えていました。



警察官が、何とかしたいと手を差し伸べます。



私は、ハッピーエンドを望んだのですが、悲しみの涙が止まることなく終わってしまいました。



永之介の祖父は、上小阿仁村の小沢田で、県議会議員なども務められていたとのことですので、裕福な家庭を想像しております。



しかし、お父さんは、明治31年(1898年)に村を去り、秋田市で商売をしています。



そして、永之介は、明治36年(1903年)に秋田市で生まれています。



私は、偶然にも誕生日が同じで、51年後に生まれたことを生涯学習センター2階の「伊藤永之介展inかみこあに」で知り、興味深く映画を鑑賞させていただきました。





伊藤永之介肖像(県立図書館蔵)



朝のごはん



子供達に大切なものは何でしょうか?



習慣と教育と道徳や礼儀かもしれません。



「三つ子の魂、百まで」と言います。



子どもの習慣は、一生ものだと思っております。



そして、子どもの食事は、非常に大切であると思っております。



朝ごはんは、一日のスタートとなり、体と脳の働きを活発にします。



朝ごはんを食べている子どもは、テストの正解率も20%高いことが報告されています。



なお、子ども達には、朝ごはんを食べられることを当たり前だと思ってほしくありません。



ごはんを食べたくても食べれない人もおります。



そして、朝ごはんは、誰かが朝早く起きて、作ってくれています。



お米は、誰かが汗水流して栽培しています。



魚は、誰かが命がけで川や海で捕まえております。



子ども達には、毎日、朝ごはんを食べていることを不思議に思ってもらいたい。



保護者の皆さんには、毎日、子どもと一緒に朝ごはんを食べることを習慣づけていただくことで、村の宝である子どもは、丈夫で賢い子供に育ってくれると信じております。



令和6年5月



ミズバショウの群生



4月21日朝6時から、寒い中、たくさんの村民の皆さんのご協力によって、道路沿いをきれいにしていただきました。



ある集落は、全部の世帯から清掃活動に参加をしていただいたことをお聞きしました。



住民の郷土を大切に思う「郷土愛」に深く感謝を申し上げます。



役場職員の人数は少なかったのですが、少数精鋭で、秋田峠トンネルや上仏社の阿仁前田との峠付近の清掃をやらせていただきました。



今年は、どうしたものか捨てられているものが、たいへんに多くて、拾いがいがありました。



そんな時、道路斜面の下を流れる沢に、白い大きな花が群生していました。



今日のご褒美は、ミズバショウからの心洗われる励ましでした。



私の場合、若い頃、あまり良いことをしていないこともあって、その埋め合わせみたいなことを今、やらせていただいております。



今後もボランティア活動をやらせていただけることを幸せに思っております。





子どもの教科書



江戸時代に寺子屋などで、子ども達の教科書として「実語教」が用いられていたそうです。



平安時代末期から明治初期にかけて、庶民の教訓をまとめた教科書だと言います。



最初に書かれているのが、



山高きが、故(ゆえ)に貴(たっと)からず



樹(き)有(あ)るを以(もっ)て、貴(たっと)しとす



山高故不貴 以有樹為貴



山は、ただ高いから尊いのではない。



木が茂っているからこそ尊いのである。



人学ばざれば智なし



智なきを愚人とす



人不学無智 無智為愚人



人も学ばなければ知恵をもてない。



知恵のない人は、愚人だ。



江戸時代の子どもたちは、寺子屋でこれらのことを学んでいたといいます。



山に木が生えているからこそ、豪雨の時も災害が起きづらくなり、乾季の時もきれいな水を川に流し続け、人が生きていくためのきれいな空気を作ってくれていることを教えていたのです。



実語教は、村の将来や子どものために、私たちに山林の整備や生き方を教えてくれていたのかもしれません。





     年度初めの訓示





令和6年4月



新年度の事業が決定



3月の定例議会において、村の施政方針を述べさせていただき、新年度事業を説明させていただきました。



議会からは、たくさんの提言やご指導をいただき、全議案を採択していただきました。



ソフト事業としては、村民や商店、事業者に活用され、経済効果の極めて高いプレミアム商品券3千6百万円分の発行や、住宅を建築した場合に2百万円と不動産取得税分の補助や、小沢田にゆかりのある伊藤永之介の農村文学の歴史的背景を学ぶ資料の展示や映画観賞会などを開催いたします。



また、診療所については、土曜日の診療を開始し、子どもや働いている方が受診しやすいようにします。



ハード事業としては、村の木を活用し、屋根には太陽光パネルで発電した電気をコアニテイーで使用する、村営アパートの建設により定住促進を図ってまいります。



また、水力発電可能性調査結果による水力発電と災害防止などのため、2つ目のダム建設を検討してまいります。



「情けは人の為ならず」



「情けは人の為ならず」ということわざがあります。



情けは、遠い将来、忘れたころに自分のためになるようです。



情けは、人の為にさせていただくもの、それとも厳しく突き放すことが当てはまるのかは、時と場合によるのかもしれません。



人の為にする場合は、人の為にさせていただくのですから、お礼の言葉も見返りも求めないで、行動することだと思っておりますが、なかなかそのようにはいかないのが、人情なのかもしれません。



突き放す場合は、厳しい現実の中で、将来を見越すこととなり、辛いものとなるのではないでしょうか。



また、利他と自他の心については、タライの水を自分の方に手で引き寄せてもタライの中で水は回って、向こうの方に行ってしまいます。



相手の為に水を手で押してやると水は、回って、自分のところに帰って来ることを稲盛和夫さんは、書いておられました。



利他の心で、熱意を持って、道徳を重んじて、社会に貢献すれば、将来、私たちは、幸福になれると信じております。







上小阿仁中学校卒業式でのあいさつ


本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
総務課 企画班
住所:018-4494 秋田県北秋田郡上小阿仁村小沢田字向川原118番地
TEL:0186-77-2221
FAX:0186-77-2227